野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

敗戦も役割果たした侍・菅野、米メディアは絶賛「MLBスターと渡り合った」

野球日本代表「侍ジャパン」は21日(日本時間22日)、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の準決勝(ドジャースタジアム)で米国と対戦。1-2で敗れ、2大会連続で準決勝敗退に終わった。先発のエース菅野智之投手(巨人)は、6回3安打1失点(自責0)6奪三振1四球と快投も、4回に名手・菊池涼介内野手(広島)のまさかのエラーから失点。しかし、メジャーの強打者を圧倒した投球を米メディアも絶賛している。

侍は2大会連続4強止まりも…先発で快投のエース「日本で最高のピッチャー」

 野球日本代表「侍ジャパン」は21日(日本時間22日)、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の準決勝(ドジャースタジアム)で米国と対戦。1-2で敗れ、2大会連続で準決勝敗退に終わった。先発のエース菅野智之投手(巨人)は、6回3安打1失点(自責0)6奪三振1四球と快投も、4回に名手・菊池涼介内野手(広島)のまさかのエラーから失点。しかし、メジャーの強打者を圧倒した投球を米メディアも絶賛している。

 菅野は初回を11球で3者凡退に仕留める好スタート。2回も3者凡退と安定した投球を続ける。3回は先頭ポージーに初ヒットなる左前打を許し、ビデオ判定で併殺が取り消されるプレーもあったが、1死二塁から動揺することなく後続を断って無失点に抑えた。

 4回は1死からイエリチのニゴロを名手・菊池が大きく弾く痛恨のエラーでピンチを招くと、2死一、二塁となってからマカチェンにスライダーをレフト前に運ばれ、先制点を献上。だが、援護がない中で5回はわずか8球、6回は9球で米国打線を3人で抑えてリズムを作り、直後の菊池の同点弾を呼び込んでマウンドを降りた。

 米国でこの一戦を放送した「MLB NETWORK」の解説者ジム・カート氏は中継の中で菅野を終始絶賛。空振りを取れるボールや守備の良さも称えた上で、降板時に感想を聞かれると「日本で最高のピッチャーだ」と断言した。メジャー通算283勝を誇る名投手も、菅野の快投劇に感嘆していた。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬