野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日ハム栗山監督ら5人が今季成績に応じて募金へ 中田“本塁打量産”宣言

日本ハムは26日、札幌ドームで赤い羽根サポーター宣言を行った。赤い羽根共同募金活動に賛同し、9年目を迎える活動。今年は栗山英樹監督、中田翔内野手ら5人が今季の成績に基づいて募金を行う。

中田は1安打で2000円&1本塁打で1000円募金「子供たちに喜んでもらえるように」

 日本ハムは26日、札幌ドームで赤い羽根サポーター宣言を行った。赤い羽根共同募金活動に賛同し、9年目を迎える活動。今年は栗山英樹監督、中田翔内野手ら5人が今季の成績に基づいて募金を行う。

 自身7回目の活動参加となる田中賢は「この募金は災害の場合にも活用されます。災害に強い北海道になれるよう1本1本積み重ねます」と思いを語った。

 安打数に加えて本塁打数に応じて募金する中田は「僕自身4年目の活動になります。いつも子供たちに応援してもらい、パワーをもらっているので、ホームランをたくさん打って子供たちに喜んでもらえるように頑張りたいです」と決意を新たにした。

 各自の募金活動内容は次の通り。

・栗山監督=1勝につき2000円+完封勝利1勝につき1000円募金
・田中賢=安打1本につき2000円+盗塁1回成功につき1000円募金
・中田=安打1本につき2000円+本塁打1本につき1000円募金
・西川=安打1本につき2000円募金+盗塁1回成功につき1000円募金
・中島=安打1本につき2000円募金+盗塁1回成功につき1000円募金

【了】

石川加奈子●文 text by Kanako Ishikawa

人気記事ランキング