野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

WBC後初打席タイムリーの日本ハム・中田 状態は「まあまあ」

日本ハムの中田翔内野手が26日のヤクルトとのオープン戦(札幌ドーム)で「4番・一塁」でスタメン出場。侍ジャパン日本代表からチーム合流後、初打席でタイムリーを放った。

初回に中前へしぶとく落とす同点適時打

 日本ハムの中田翔内野手が26日のヤクルトとのオープン戦(札幌ドーム)で「4番・一塁」でスタメン出場。侍ジャパン日本代表からチーム合流後、初打席でタイムリーを放った。

 1点を追う初回1死一、二塁、1ボール。オーレンドルフの甘く入ったスライダーにタイミングを外されながらも、しぶとく中前へ落とした。二塁走者・西川が悠々と生還する同点適時打となった。

 中田は「(バットの)先だったけど、良くところで回ってきたし、結果として点が入ったから良かったと思うよ。(打撃の状態は)まあまあ。良くも悪くもない」とコメントした。

 チームに合流した25日は欠場。WBCでは日本人初の3試合連続アーチをマークするなど勝負強さを見せた不動の4番が、オープン戦最終戦で存在感を見せた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング