野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ソフトBの“打撃職人”長谷川、守備機会大幅増へ「人工芝が足に合っている」

ソフトバンクの選手会長を務める長谷川勇也が30日、シーズン開幕(31日・ロッテ戦)を迎える心境を語った。

20170330_hasegawa

31日の開幕へ「いよいよ来たな」、相手先発・涌井も「攻略したい」

 ソフトバンクの選手会長を務める長谷川勇也が30日、シーズン開幕(31日・ロッテ戦)を迎える心境を語った。

 鷹の打撃職人と称される長谷川勇也。昨シーズンから選手会長に就任し、震災復興支援活動などプレー以外でも選手をまとめてきた。

「いよいよ来たなという感じ。昨年悔しい思いをしたので、同じ思いはしたくないとオフからみんな考えてきたと思う。やっとそれを晴らす機会がきたので、去年の悔しさを晴らすために戦いたい。シーズンでも(チームが)なかなかうまくいかない時もあると思うので、しっかりとみんなの意志を統一できる機会を設けたり、声をかけたりしていきたい」

 個人的な目標としては、昨シーズン以上の試合出場を挙げた。

「特に守備につく試合を大幅に増やしていきたい。(ヤフオクドームの)新しい人工芝もボクの足に合っていて、いいコンディションで開幕を迎えられるし、シーズンに向けて自信にもなっている」

 また、開幕戦の相手となる涌井秀章については「経験が豊富な投手」と称えながら「しっかりと準備をして攻略したい」と意気込みを見せた。

【了】

藤浦一都●文 text by Kazuto Fujiura

人気記事ランキング