野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

4年ぶりAクラスへ―楽天のキーマンは新加入選手、若手投手、そしてエース

楽天の2017年シーズンは、3月31日に京セラドーム大阪で開幕する。新シーズンの開幕を前に、2016年シーズンを振り返ってみると、チームは2013年に日本一に輝いてからは3年連続Bクラスという悔しい結果に終わっている。しかし、昨季のパ・リーグでは、北海道日本ハムが最大11.5ゲーム差をひっくり返して、劇的な優勝を成し遂げた。大方の予想は裏切られ、野球に「絶対」はないことが、改めて証明された形となった。当然、現時点でパ・リーグの頂点に立つ可能性は、6球団すべてが平等に持っていることになる。

躍進へ必要なものとは…新加入の岸にはエース級の働きを期待

 楽天の2017年シーズンは、3月31日に京セラドーム大阪で開幕する。新シーズンの開幕を前に、2016年シーズンを振り返ってみると、チームは2013年に日本一に輝いてからは3年連続Bクラスという悔しい結果に終わっている。しかし、昨季のパ・リーグでは、北海道日本ハムが最大11.5ゲーム差をひっくり返して、劇的な優勝を成し遂げた。大方の予想は裏切られ、野球に「絶対」はないことが、改めて証明された形となった。当然、現時点でパ・リーグの頂点に立つ可能性は、6球団すべてが平等に持っていることになる。

 それでは、楽天がAクラス浮上、さらにリーグ優勝を果たすために必要なもの、その鍵を握る選手とは誰だろうか。多分に期待も込めながら、2017年シーズンの重要なキーマンとなるであろう選手たちを挙げていきたい。

 まずは、オフにFA移籍してきた岸投手。2006年に埼玉西武に入団し、ルーキーイヤーから11勝を挙げて優秀新人賞を受賞すると、2008年には2年目にしてチームのリーグ優勝、日本一に大きく貢献。日本シリーズMVPに輝き、2014年には最高勝率のタイトルを獲得した。

 岸は、精密なコントロールと、代名詞でもある縦に大きく割れるカーブを武器に勝利を積み上げ、プロ10年目の昨季は、通算100勝に到達。今年は移籍1年目となるが、これまでの実績を踏まえ、則本と並ぶエース級の働きが期待されている。

人気記事ランキング