野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • DeNA
  • “鬼門の4月”突破へ DeNA鍵握る助っ人陣、OP戦首位打者もアピール必要?

“鬼門の4月”突破へ DeNA鍵握る助っ人陣、OP戦首位打者もアピール必要?

DeNAは31日、ヤクルト戦(神宮)で開幕戦を迎える。それに先立ち、開幕1軍メンバーを発表。6人を抱え、しのぎを削ってきた注目の外国人4枠はロペスを筆頭に新外国人のクライン、パットン、シリアコが入った。

20170331_ropez

31日開幕、外国人3人1軍もクライン、シリアコは安心できず?

 DeNAは31日、ヤクルト戦(神宮)で開幕戦を迎える。それに先立ち、開幕1軍メンバーを発表。6人を抱え、しのぎを削ってきた注目の外国人4枠はロペスを筆頭に新外国人のクライン、パットン、シリアコが入った。

 打線の中軸を担うロペスは別格として、オープン戦で6試合6回3安打の無失点だった救援のパットンは順当。その一方で、先発のクライン、内野手のシリアコは安心できる状況ではない。

 開幕1軍メンバーのなかで、先発投手は石田、クラインの2人だけ。石田は開幕戦で投げるため、クラインが開幕2戦目となる4月1日のヤクルト戦(神宮)で先発するのは、ほぼ確実だ。しかし、オープン戦では4試合で17回を投げて23四死球と制球に苦しんだ。レギュラーシーズンでも制球が荒れるようだと、安定するまでは2軍で調整ということもありえそうだ。

 シリアコはオープン戦で打率.375の首位打者となったが、1軍に残れるかは流動的。クラインが本来の調子を取り戻し、コンディションの問題を抱えていたウィーランドが戦列に復帰し、両投手ともローテを守るようなことになると、3投手+ロペスで外国人の4枠が埋まる可能性は高い。シリアコが1軍に“残留”するには、打ちまくってアピールするしかない。

人気記事ランキング