野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

連覇狙う日ハムは完敗スタート 西武は菊池が好投、辻新監督は快勝初白星!

昨季日本一に輝いた日本ハムは31日、本拠地での開幕戦・西武戦に1-8で敗れた。初の開幕投手を務めた有原航平投手が6回途中6安打6失点(自責4)でKO。守備の乱れにも足を引っ張られた。打線は「3番・DH」の大谷翔平が2安打を放つも、終盤のチャンスでは凡退。5安打で1得点に終わり、完敗した。西武は先発・菊池雄星が7回1失点の好投で白星。辻新監督のもと、快勝発進となった。

日ハムは有原6失点&守備に乱れ、大谷は2安打も終盤好機では凡退

 昨季日本一に輝いた日本ハムは31日、本拠地での開幕戦・西武戦に1-8で敗れた。初の開幕投手を務めた有原航平投手が6回途中6安打6失点(自責4)でKO。守備の乱れにも足を引っ張られた。打線は「3番・DH」の大谷翔平が2安打を放つも、終盤のチャンスでは凡退。5安打で1得点に終わり、完敗した。西武は先発・菊池雄星が7回1失点の好投で白星。辻新監督のもと、快勝発進となった。

 日本ハムの開幕投手は有原。3年目で初の大役を任されたが、2回に四球とヒットで無死二、三塁のピンチを招く。メヒアは遊飛。続く木村文も遊ゴロに打ち取ったが、中島の本塁送球は僅かに間に合わず、三塁走者の中村が生還。野選で先制点を献上した。さらに、炭谷の投ゴロの間に2失点目を喫した。

 3回、打線は2死一塁の場面で、3番・大谷が花巻東校の先輩でもある西武先発・菊池からライトへ痛烈なツーベースを放つ。西川が快足を飛ばして一気に本塁を狙ったが、西武が見事な中継プレーを見せ、タッチアウトで得点を奪うことはできなかった。それでも、日本ハムは5回1死から市川がレフトへ今季1号。意外性のある一発で1点差に迫った。

 しかし、直後の6回には守備の乱れもあって追加点を許す。まずは有原が浅村、中村に連続ツーベースを浴びて追加点を献上。栗山もヒットでなおも無死一、三塁とピンチを招くと、メヒアの三ゴロで4点目を奪われた。

 木村文は四球で一、二塁となり、炭谷はニゴロに仕留めるも、併殺を狙った田中が二塁に悪送球。ボールを拾った三塁レアードの本塁送球も逸れ、5失点目を喫した。続く源田にセンターへの犠飛を許したところで有原は降板となった。

 6回の攻撃では大谷が2打席連続ヒットとなる右前打を放つも無得点。すると、7回には3番手・鍵谷が栗山にタイムリーを許して7失点目を喫した。

 8回には1死一、二塁の場面で大谷に打席が回ったが、ここは武隈の前に空振り三振。続く中田も凡退し、得点を奪えない。9回も無得点に抑えられ、連覇を狙う2017年は完敗スタートとなった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング