野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

楽天が単独首位! ソフトBとの全勝対決を制し開幕4連勝、則本が今季初勝利

楽天は4日、本拠地でのソフトバンク戦に7-1で快勝。全勝対決を制して単独首位に立った。先発のエース則本が6回5安打1失点で今季初登板初勝利。打線はソフトバンク千賀から4回に一挙6点を奪うなど爆発した。嶋が負傷退場するアクシデントもあったが、開幕4連勝とした。ソフトバンクはWBCでベストナインに選出された千賀が4回7失点でKO。則本との“侍対決“に完敗し、チームの連勝も3で止まった。

則本が千賀との侍対決を制すも…嶋はデスパイネのバット当たり途中退場

 楽天は4日、本拠地でのソフトバンク戦に7-1で快勝。全勝対決を制して単独首位に立った。先発のエース則本が6回5安打1失点で今季初登板初勝利。打線はソフトバンク千賀から4回に一挙6点を奪うなど爆発した。嶋が負傷退場するアクシデントもあったが、開幕4連勝とした。ソフトバンクはWBCでベストナインに選出された千賀が4回7失点でKO。則本との“侍対決“に完敗し、チームの連勝も3で止まった。

 立ち上がりは、侍ジャパンの2人が好投。2回までは則本、千賀ともに無失点に抑える。しかし、楽天は3回に2死三塁の好機を作ると、ペゲーロの打席で千賀が暴投。1点を先制した。

 そして、4回には楽天打線が爆発。2死一塁から聖澤がタイムリースリーベースで2点目を奪う。さらに、2死一、三塁となってから嶋がライトへタイムリー。続く茂木は3ランを放ち、6-0とした。その後、2死一、三塁と再びチャンスを作ってから、千賀がまたしても暴投。7点目が入り、千賀はこの回限りで降板となった。

 一方、則本はソフトバンク打線に対して5回まで無失点。6回は1死からヒットと四球で1死一、二塁とされると、アクシデントが発生した。デスパイネの振り切ったバットが、嶋の後頭部、左肩、首付近を強烈にヒット。そのまま倒れて動けなくなり、担架で途中退場した。嶋は4回にもデスパイネの振り切ったバットが頭に当たっており、2打席連続で直撃を受けた。

 細川がマスクをかぶったが、デスパイネには四球を与えると、中村晃には犠飛を許し1点を返された。松田も四球で歩かせたものの、鶴岡は右飛で3アウト。最少失点で切り抜け、この回限りで降板となった。

 楽天は7回は森原、8回はハーマン、9回は松井裕とつなぎ、7-1で勝利。全勝対決を制し、開幕4試合目で単独首位に立った。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング