野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテ伊東監督が初勝利に胸なで下ろす 開口一番「これで新聞が読める」

3年ぶりの開幕4連敗に「新聞も読んでないし、スポーツニュースも見てない」と話していたロッテ伊東監督は、5日に本拠地での日本ハム戦で今季初勝利を挙げると、開口一番「これで新聞が読める」とホッとした表情を浮かべた。

20170314_ito

3年ぶり開幕4連敗でストップ、6日はドラ1・佐々木が先発

 3年ぶりの開幕4連敗に「新聞も読んでないし、スポーツニュースも見てない」と話していたロッテ伊東監督は、5日に本拠地での日本ハム戦で今季初勝利を挙げると、開口一番「これで新聞が読める」とホッとした表情を浮かべた。

 この日は2回に先制されるも直後に逆転。だが、3回に再逆転を許すと、大谷の2号アーチで一時は2-6の4点差とされ、ベンチもスタンドも5連敗必至のムードが漂った。だが、6回い清田の左翼線タイムリー二塁打から、レアード、中田の連続エラーと押し出し四球の“タナボタ”で3点を挙げ、一気に1点差まで詰め寄った。

 7回には、2死から打撃の調子が上がらないパラデスが四球を選んで出塁。すると、5番のキャプテン鈴木大地が、侍J戦士の宮西から右翼へ起死回生の逆転2ランを放った。最後は大谷と中田が無失点リレーで、待望の白星を手に入れた。

 指揮官は「内容的には決して喜べる内容じゃなかったが、よくあそこで大地がひと振りで決めてくれた。ホームランは(開幕から)誰も打ってなかったんで、まさかあのケースで大地が打つとは思わなかった。人一倍負けられないという気持ちが強い選手。そういうもの(気持ち)が乗り移ったようなホームランだった」と、今季チーム1号で試合を決めたヒーローを称えた。

 1点を追う2回には、その鈴木から始まる4連打で得点した。井上、田村が連続適時打で2得点。開幕4試合でチーム打率.183の貧打戦に回復の兆しは見えるが、頼みの4番・パラデスは、フォークを中心とした落ちる球で攻められ続け、三振の山を築くばかり。「チャンスでがっつく選手と、チャンスが逆にピンチになる選手が多い。もうちょいかな」と、伊東監督は手放しで喜んではいない。勝利のカギは、鈴木の前後を打つ両新外国人が握ることになりそうだ。

「とりあえず勝ったことで、明日からいい流れでいけると思う」と指揮官。ようやくつかんだ勝利のムードを繋いでいけるか。6日はプロ入り初先発となるドラフト1位・佐々木千隼が、日本ハム・斎藤佑樹と投げ合う。開幕1軍を勝ち取ったルーキーの投球に期待が寄せられる。

【了】

細野能功●文 text by Yoshinori Hosono

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング