野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日ハム斎藤佑、6回途中3失点で白星ならず ロッテドラ1佐々木に初勝利の権利

日本ハムの斎藤佑樹投手が6日、敵地でのロッテ戦(QVCマリン)で今季初先発し、5回0/3を6安打3失点2奪三振2四球で降板。1点のリードを許したままマウンドを降り、今季初勝利はならなかった。一方、ロッテはドラフト1位・佐々木千隼投手がプロ初登板初先発。斎藤佑との投げ合いで5回3安打1失点5奪三振6四球とゲームを作り、プロ初勝利の権利を持って降板した。

20170302_saito

今季初先発も6回先頭打者に四球与えて降板、5回1失点の佐々木が投げ勝つ

 日本ハムの斎藤佑樹投手が6日、敵地でのロッテ戦(QVCマリン)で今季初先発し、5回0/3を6安打3失点2奪三振2四球で降板。1点のリードを許したままマウンドを降り、今季初勝利はならなかった。一方、ロッテはドラフト1位・佐々木千隼投手がプロ初登板初先発。斎藤佑との投げ合いで5回3安打1失点5奪三振6四球とゲームを作り、プロ初勝利の権利を持って降板した。

 斎藤佑は初回、加藤を二ゴロ、角中を左邪飛、清田を二ゴロと3者凡退の好スタートを切る。しかし、2回は1死から鈴木にレフト前ヒットを浴びる。ダフィーは空振り三振も、鈴木に二盗を許して2死二塁に。続く井上にはレフト前に運ばれ、先制点を献上した。その後、田村にもレフト前ヒットを許すも、大嶺翔は中飛で最小失点で切り抜けた。

 すると、打線は3回に西川が佐々木からタイムリーを放ち、すぐさま同点に追いついた。その裏、斎藤佑は先頭の加藤を中飛に打ち取ったが、角中は右翼線へのツーベース。それでも、清田は三ゴロ、パラデスは一邪飛と後続を断ち、この回は無失点に抑えた。

 4回、斎藤佑は先頭・鈴木に死球。ダフィーは遊飛も、井上には右中間を深々と破られ、鈴木が一気に生還。井上の2打席連続タイムリーで勝ち越しを許した。

 5回は先頭・大嶺翔はライト前ヒット、加藤は犠打で1死二塁とされる。角中は右飛で2死三塁となるも、清田はフォークで三ゴロ。一方、佐々木は5回3安打1失点6四球5奪三振で勝利投手の権利を持って降板した。

 斎藤佑は6回も続投したが、先頭パラデスに四球。ここで降板となり、今季初勝利はならなかった。2番手・公文が連打で追加点を許したため、斎藤佑の失点は3となった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング