野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテ伊東監督、ドラ1佐々木を評価も…降板後に“ささやき”「細かいところ」

開幕4連敗で止めたロッテは、6日の日本ハム戦ではドラフト1位ルーキー佐々木が5回1失点でプロ入り初勝利。カード勝ち越しで2勝4敗とし、伊東監督は「苦労しながら、何とかゲームをつくってくれた。ルーキーのために、野手も必死でやってくれた」とチーム一丸の勝利を喜んだ。

20170221_sasaki

5回1失点の投球を評価「崩れそうになりながら、踏ん張れたのは彼の力」

 開幕4連敗で止めたロッテは、6日の日本ハム戦ではドラフト1位ルーキー佐々木が5回1失点でプロ入り初勝利。カード勝ち越しで2勝4敗とし、伊東監督は「苦労しながら、何とかゲームをつくってくれた。ルーキーのために、野手も必死でやってくれた」とチーム一丸の勝利を喜んだ。

 5回2死一二塁のピンチで中田を三振。勝利投手の権利を手にしてベンチに引き上げてきた佐々木の労をねぎらいながら、すぐそばで何ごとかをささやいた。

「いい投球とまではいかなかったが、細かいところ。牽制とか、ランナーを置いたところでのセットとか」

 殿堂入りした名捕手は、投球モーションの癖などを伝えたようだ。3回に西川、5回には中島卓と簡単に二盗され、ピンチを招いている。結果的に後続を抑えたが、ルーキーに勝ち星を積ませるために、次回登板への課題を指摘したようだ。

「1点で抑えたのは上出来だと思う。崩れそうになりながら、踏ん張れたのは彼の力。初登板で初勝利は、今後の一番の自信になる」と高く評価していた。

【了】

細野能功●文 text by Yoshinori Hosono

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング