野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

楽天が7-4でロッテ下す 銀次3安打2打点 美馬は6回途中2失点で1勝目

楽天は8日、敵地でのロッテ戦に7-4と勝利した。先発・美馬が6回途中2失点の力投で今季初勝利を飾ると、打っては銀次が2打席連続タイムリーを含む3安打2打点の活躍で、チームは2連勝した。

楽天 スタジアム

銀次は先制を含む2打席連続タイムリー

 楽天は8日、敵地でのロッテ戦に7-4と勝利した。先発・美馬が6回途中2失点の力投で今季初勝利を飾ると、打っては銀次が2打席連続タイムリーを含む3安打2打点の活躍で、チームは2連勝した。

 ロッテは涌井、楽天は美馬の両チーム開幕投手が先発したこの日。楽天打線は初回に2死一、二塁から銀次の左翼タイムリーで1点を先制した。3回にも2死二塁から再び銀次がセンターへ適時打。2点目を挙げた。

 マウンド上の美馬は立ち上がりから7者連続凡退とするも、2点リードの3回に田村と加藤にソロ弾を許し、同点に追いつかれた。だが、その後は走者を背負いながらも失点せず。味方打線がペゲーロの2点二塁打などで3点の勝ち越しに成功した直後の6回、先頭・角中に四球を与え、2死を奪ったところで降板した。

 打線は7回にも藤田のセンターへの三塁打で2点を追加。5点リードの8回、今季初登板の5番手・青山が2点を返されたが逃げ切った。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング