野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

オリックスが描くSNS戦略 最近「人気絶大」な選手とは…

昨年、最下位に沈んだオリックス。今季は2年連続Bクラスからの巻き返しを目指し、奮闘中だ。そんな中、球団側は新たなファンの獲得のため、SNSを利用したファンサービスを積極的に行っている。現在は公式としてフェイスブック、ツイッター、インスタグラム、ライン@、YouTubeを展開。これらについて、球団はどのような戦略を持っているのか。オリックス野球クラブ企画事業部宣伝グループ長の後藤俊一さんに話を聞いた。

オリックス関係者に聞く球団のSNS戦略

 昨年、最下位に沈んだオリックス。今季は2年連続Bクラスからの巻き返しを目指し、奮闘中だ。そんな中、球団側は新たなファンの獲得のため、SNSを利用したファンサービスを積極的に行っている。現在は公式としてフェイスブック、ツイッター、インスタグラム、ライン@、YouTubeを展開。これらについて、球団はどのような戦略を持っているのか。オリックス野球クラブ企画事業部宣伝グループ長の後藤俊一さんに話を聞いた。

20170409_orix_buffaloes
インスタグラムではオフショットも投稿されている(画像はサイトのスクリーンショットです)

 オリックスは上記のように複数のSNSを展開しているが、昨シーズン成績が低迷したこともあり、他球団に比べフォロワーの数が少ないという。

「フォロワーが少ないことは自覚しています。ファンの方に喜んでいただける様々なコンテンツを強化しなければと思っています。YouTubeで『BsTV』というチャンネルを展開していますが、その中でも秋季キャンプで選手たちに話をしてもらう『Bs座談会』は人気を集めています。

 シーズンを振り返ったり、キャンプの様子を話したりするだけでなく、プライベートな話もしています。仕切り役は海田智行投手が多かったですが、昨年は塚原頌平投手、駿太外野手が引き受けてくれました」

 後藤さんはそう話す。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」