野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

広島が7回に一挙5得点、逆転7連勝で単独首位! ヤクルトはミスミス5連敗

広島は9日、本拠地でヤクルトを6-2の逆転で下し、引き分けを挟んで7連勝とした。7回に逆転を許すも、その裏にヤクルトの立て続けのミスをついて再逆転。開幕戦黒星の後は負けなしの7勝1分と昨季王者が強さを見せつけ、ついに単独首位に浮上した。ヤクルトは5連敗となった。

広島カープ

九里が自身2連勝、7回にヤクルトのミスついて再逆転

 広島は9日、本拠地でヤクルトを6-2の逆転で下し、引き分けを挟んで7連勝とした。7回に逆転を許すも、その裏にヤクルトの立て続けのミスをついて再逆転。開幕戦黒星の後は負けなしの7勝1分と昨季王者が強さを見せつけ、ついに単独首位に浮上した。ヤクルトは5連敗となった。

 広島は3回、1死三塁で丸がタイムリー。先制に成功した。その後はオーレンドルフの前に無得点に抑えられるも、先発・九里が気迫の投球。2回までに2安打を浴びてから、3回以降は無安打投球でリードを守る。

 しかし、7回は2死から畠山のヒット、中村の四球で一、二塁とされると、代打・大松にはライト線への逆転タイムリーを浴びた。

 それでも、九里の力投に打線が応える。その裏、ヤクルト2番手・星から會澤が四球で出塁。九里の代打・天谷はバントを決めた。この試合も3安打と好調の田中は遊撃・大引のエラーで出塁。無死一、三塁となり、菊池は左翼正面へのライナーかと思われたが、バレンティンが落球。同点に追いついた。

 続く丸もタイムリーで、あっという間に逆転。ヤクルトはルーキを投入するも、新井、鈴木が連続タイムリー。ルーキのボークの後、エルドレッドが犠飛でこの回5点目を挙げた。

 8回はジャクソン、9回は中崎が抑え、6-2で勝利。九里は自身2連勝。チームは7連勝と勢いが止まらない。
 
【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

座ってできる体幹トレーニング コアトレチェア

人気記事ランキング