野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 前田健太
  • ドジャース前田が日本人今季初勝利に一番乗り! 5回5安打4失点で1勝目

ドジャース前田が日本人今季初勝利に一番乗り! 5回5安打4失点で1勝目

ドジャース前田健太投手が9日(日本時間10日)、敵地でのロッキーズ戦で今季初勝利を挙げた。5回を1被弾を含む5安打1四球5奪三振で4失点(自責4)。5回に1点差まで詰め寄られたが粘投し、勝機をつないだ。この日は打線が15安打10得点と爆発。10-6で勝利し、連敗を止めた。

20170410_maeda

5回のピンチでWBC米代表アレナドを右飛

 ドジャース前田健太投手が9日(日本時間10日)、敵地でのロッキーズ戦で今季初勝利を挙げた。5回を1被弾を含む5安打1四球5奪三振で4失点(自責4)。5回に1点差まで詰め寄られたが粘投し、勝機をつないだ。この日は打線が15安打10得点と爆発。10-6で勝利し、連敗を止めた。

 序盤から打線が好調だったこの日。初回にターナーの2点二塁打、2回にシーガーの今季2号2ランと、初勝利を狙う右腕を援護した。

 前田は初回先頭から打者7人を連続凡退とする上々の立ち上がりを見せた。3回1死二塁から迎えたブラックモンにセンター最深部へ2点弾を運ばれたが、速球、スライダー、カーブ、チェンジアップを駆使しながら4回もロッキーズ打線を0点に抑えた。

 再び失点したのは5回。1死一塁からブラックモンに右前打、パーラに左前打と連打されて1失点。なおも1死一、三塁の場面でゴンザレスに左翼へ犠飛を運ばれ、三塁走者が生還。1点差まで詰め寄られたが、最後はアレナドを右飛に仕留める粘投で切り抜けた。

 6回の打席に代打を送られて、83球(53ストライク)を投げて降板。打線はその後も4点を加え、前田にうれしい今季1勝目がついた。

 チームは敵地で2連敗していたが、3連戦の最後を投打のかみ合った勝利で締めた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング