野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

巨人が阿部の5号2ランで先制も…広島は新井&エルドレッドがソロ弾で同点

巨人の阿部慎之助内野手が12日、広島との首位攻防戦第2戦で初回に先制2ランをマーク。一方の広島も2回に新井貴浩内野手とブラッド・エルドレッド内野手がソロ本塁打を放ち、すぐに同点に追いついた。

巨人

首位攻防第2戦は序盤からホームラン打ち合いに

 巨人の阿部慎之助内野手が12日、広島との首位攻防戦第2戦で初回に先制2ランをマーク。一方の広島も2回に新井貴浩内野手とブラッド・エルドレッド内野手がソロ本塁打を放ち、すぐに同点に追いついた。

 巨人は初回、ルーキー左腕・床田から先頭・中井がセンター前ヒットで出塁。立岡は一ゴロで1死二塁とした。続く坂本は遊ゴロに倒れるも、4番・阿部は初球のスライダーを捉える。ライトスタンド最前列に飛び込む2ラン。リーグ単独トップの本塁打数を「5」に伸ばした。

 しかし、続く2回には広島の4番・新井が巨人先発・内海からレフトスタンドへソロ本塁打。こちらは今季2号で、すぐさま1点差とした。さらに、1死からエルドレッドが左中間スタンドへ豪快な一発。あっという間に同点に追いついた。

 12日からの3連戦は初戦で首位・広島が勝利。8連勝で巨人とのゲーム差を「2」と広げている。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング