野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

広島新井&エルドレッドが“アベック2打席連続弾” 試合をひっくり返す

広島の新井貴浩内野手とブラッド・エルドレッド内野手が12日、巨人との首位攻防戦第2戦で揃って2打席連続本塁打を放った。

新井は追撃ソロ弾&勝ち越し3ラン、エルドレッドは連続ソロ

  広島の新井貴浩内野手とブラッド・エルドレッド内野手が12日、巨人との首位攻防戦第2戦で揃って2打席連続本塁打を放った。

 まずは、巨人・阿部の2ランで先制されて迎えた2回。巨人先発・内海からレフトスタンドへソロ本塁打。今季2号で1点差とすると、1死からエルドレッドが左中間スタンドへ豪快な一発を放ち、同点に追いついた。

 そして、2-2のまま迎えた3回。1死から前日5安打の菊池がツーベースで出塁すると、暴投と丸の四球で1死一、三塁に。新井は1ボールからカットボールを捉え、今度はライトスタンドへ運んで勝ち越しの3ランとした。

新井はこれで早くもこの試合4打点。初回に2点をされた広島があっという間に試合をひっくり返した。そして、2死走者なしとなってからエルドレッドはライトへソロ本塁打。これで主砲2人が“アベック2打席連続弾“。内海は4被弾6失点で3回KOとなった。

 12日からの3連戦は初戦で首位・広島が勝利。8連勝で巨人とのゲーム差を「2」と広げている。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング