野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

広島ドラ1右腕・加藤がつかまる 押し出し四球など3回に3失点

広島のドラフト1位右腕・加藤拓也投手が14日、本拠地での阪神戦に先発。3回に押し出し四球や鳥谷の2点二塁打で3点を献上した。

full-count10

2回には梅野の打球が足に当たるアクシデント

 広島のドラフト1位右腕・加藤拓也投手が14日、本拠地での阪神戦に先発。3回に押し出し四球や鳥谷の2点二塁打で3点を献上した。

 0-0の同点で迎えた3回。先頭の高山を二ゴロに打ち取ったが、上本に左前打されると直後に二盗を許す。糸井はストレートの四球、福留には不運な内野安打を許して、1死満塁。ここで迎えた原口に3ボール1ストライクからの5球目で四球を与え、押し出しで1点を先制される。

 なおも1死満塁のピンチ。ここで打撃絶好調の鳥谷に、1ボールからの2球目高めフォークを右翼へのツーベースとされ、この回に3点を失った。

 2回には、梅野の打球が足に当たり、いったんベンチに戻るアクシデントが発生していた。

 プロ初先発の7日ヤクルト戦では8回1/3を1失点の快投で初勝利を飾っていた。何とか3点でこらえ、打線の援護を期待したい。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング