野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 日本人選手
  • 青木宣親、強力打線の中で光る存在感 指揮官も称賛「アオキは強力」

青木宣親、強力打線の中で光る存在感 指揮官も称賛「アオキは強力」

アストロズの青木宣親外野手は15日(日本時間16日)、敵地でのアスレチックス戦に「8番・レフト」で2試合連続先発出場。決勝犠飛を放つなど4打数2安打2打点1得点1盗塁と活躍し、10-6での逆転勝利に大きく貢献した。3試合連続マルチ安打で日米通算1974安打として、通算2000安打まで「26」。決勝だと2打点は2試合連続と好調を維持しており、新天地での存在感は日に日に大きくなっている。

3戦連続マルチ&2試合連続決勝打、地元紙は「対左腕で出場機会を得ている」

 アストロズの青木宣親外野手は15日(日本時間16日)、敵地でのアスレチックス戦に「8番・レフト」で2試合連続先発出場。決勝犠飛を放つなど4打数2安打2打点1得点1盗塁と活躍し、10-6での逆転勝利に大きく貢献した。3試合連続マルチ安打で日米通算1974安打として、通算2000安打まで「26」。決勝だと2打点は2試合連続と好調を維持しており、新天地での存在感は日に日に大きくなっている。

 青木はこの試合、3点を追う7回に先頭で右腕ヘンドリックスからレフト前ヒット。すぐに二盗を決め、スプリンガーの遊ゴロで三塁まで進んで、ブレグマンのタイムリーで生還した。さらに、1点差に迫った8回には、右腕カシーヤから無死一、二塁とチャンスを作ると、7番ゴンザレスがバントを決めて1死二、三塁とチャンスを広げ、青木に打席を回した。

 ここで、まずは暴投で同点となる。その後、青木はセンターへの勝ち越し犠飛を放った。アストロズはスプリンガーの2ランも飛び出して、この回一挙4得点。青木は9-6となって迎えた9回も2死一、二塁の好機でレフト前に運ぶタイムリーを打ち、4連勝に大きく貢献した。

 地元紙「ヒューストン・クロニクル」は、この試合で相手先発が左腕マナイアだったにもかかわらず、青木が先発起用されたことから「アストロズのノリ・アオキは対左腕で出場機会を得ている」と伝えた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」