野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

決断は英断となるか― DeNAラミ監督、勝利へ執念の配置転換

DeNAのアレックス・ラミレス監督は16日のヤクルト戦に6-3での勝利後、これまで入団以来、主に抑えとして起用していた山崎康を7回に回し、9回は新外国人のパットンに任せる方針を、試合後のテレビインタビューで明言した。

山崎康を配置転換、守護神パットンに―新たな“勝利の方程式”

 DeNAのアレックス・ラミレス監督は16日のヤクルト戦に6-3での勝利後、これまで入団以来、主に抑えとして起用していた山崎康を7回に回し、9回は新外国人のパットンに任せる方針を、試合後のテレビインタビューで明言した。

「山崎康は非常によくやってくれた。スピードもあり、3者凡退で抑えた。今までと違う使い方で、このままリフレッシュしていい投球を続けてくれたらと思います。山崎をあのような使い方で、パットンを抑えで使っていこうかと思います」

 ラミレス監督はこの日、2点リードの7回に山崎康を送り出すと、右腕は2奪三振など1回を完全投球の無失点に。そして8回は三上、9回にはここまで7試合無失点のパットンが先頭のバレンティンに安打を許しながらも後続をきっちりと断って、初セーブを挙げた。

 これまでラミレス監督は勝ち継投として、7回をパットン、8回を三上、9回を山崎康という形を“基本布陣”にしていたが、山崎康は直近の2試合で救援に失敗していたこともあり、決断したようだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」