野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

大器の片鱗見せるソフトBドラ2左腕 今度は“謎のボール”、その真相は…

最速151キロをマークしたデビュー戦から2週間。ソフトバンクのドラフト2位ルーキー・古谷優人投手が、またしても大器の片鱗を見せた。16日に行われたソフトバンク3軍と四国アイランドリーグplus・高知ファイティングドッグスとの交流試合(タマスタ筑後)。初の先発マウンドに立つと、4回を無失点に封じた。

大器の片鱗見せるソフトバンク・ドラフト2位ルーキー古谷

 最速151キロをマークしたデビュー戦から2週間。ソフトバンクのドラフト2位ルーキー・古谷優人投手が、またしても大器の片鱗を見せた。16日に行われたソフトバンク3軍と四国アイランドリーグplus・高知ファイティングドッグスとの交流試合(タマスタ筑後)。初の先発マウンドに立つと、4回を無失点に封じた。

「今日の出来は普通でした。3回までは良かったですけど、4回に少し疲れと気持ちの切れが出てしまったかな」

 初回は二ゴロ、空振り三振、左飛と簡単に三者凡退。最速は148キロをマークした。2回、3回と内野安打で走者を背負ったが、セットポジションになっても安定した投球で無失点に抑えた。

 3回の攻撃で、バッテリーを組んだドラフト3位ルーキーの九鬼隆平捕手が、走塁時に相手の送球を顔に当て、一時ベンチに退くアクシデントがあって迎えた4回のマウンド。「九鬼の頭にボールが当たって、流れが変わりそうだなと思って、意識が強くなり過ぎた。もう少し気持ちに余裕を持って入れたら良かった」。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」