野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • ダルビッシュ有
  • ダルビッシュは「最高のフォーム」 MLBでセットポジション増のワケ、米紙分析

ダルビッシュは「最高のフォーム」 MLBでセットポジション増のワケ、米紙分析

MLBで好結果を残すレンジャーズのダルビッシュ有投手やナショナルズのスティーブン・ストラスバーグ投手には、ある共通点が存在するという。近年のメジャーのエース級投手はセットポジションでのピッチングに専念する傾向にあると、米高級紙「ウォール・ストリート・ジャーナル」が特集している。

20170414_darvish2

米投手コーチ称賛、ダルビッシュは「最高」 米紙が投球フォームの傾向特集

 MLBで好結果を残すレンジャーズのダルビッシュ有投手やナショナルズのスティーブン・ストラスバーグ投手には、ある共通点が存在するという。近年のメジャーのエース級投手はセットポジションでのピッチングに専念する傾向にあると、米高級紙「ウォール・ストリート・ジャーナル」が特集している。

 記事では、2014年に最多奪三振を記録し、昨季15勝を挙げた右腕ストラスバーグが今季、セットポジションでの投球に専念していることを紹介。本人は「そんなに突拍子もない考えではないよ。同じ投球動作をいかに繰り返せるかが大事。走者がいない時との違いは少ない方がいい」と話しているという。

 そして、ストラスバーグよりも先にセットポジションでの投球で結果を残してきた投手として、インディアンスのカルロス・カラスコ投手とダルビッシュの名前が登場している。ストラスバーグは、この2投手の存在がセットポジション“専念”へのきっかけになったと明かしたというのだ。

 ストラスバーグが現在、ナショナルズで師事するのはマイク・マダックス投手コーチ。2015年までレンジャーズで投手コーチとしてダルビッシュを指導してきた人物だ。

人気記事ランキング