野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • “43秒の沈黙”が生んだ感動 イチロー凱旋弾に米実況&解説が粋な計らい

“43秒の沈黙”が生んだ感動 イチロー凱旋弾に米実況&解説が粋な計らい

「何てドラマチックなんだ」「これ以上の脚本を書けますか」

 その間、実況と解説は一切、言葉を挟まなかった。異例の43秒間の沈黙とともにその情景を克明に映し出すことで、イチローの凱旋弾という最上級の“ドラマ”はさらなる感動を呼んだ。

 ゴードンが打席に立つと、ウォルツ氏は「何てドラマチックなんだ。ワオ」と吐き出し、ようやく沈黙を破った。

 ホランズワース氏も「(イチローは)驚いているんでしょうか? 私はそうは思いませんが。これ以上の脚本を書けますか?」と語り、「タイミングの問題だったのでしょう。スイングが戻ってきた実感を感じ始めているようです」と続けた。

 ウォルツ氏は最後に噛みしめるようにこう語った。

「セーフコ・フィールドでの最後の打席になる可能性があります。セーフコ・フィールドはイチローのキャリアで殿堂入りを確固たるものにした場所です。そこでイチローがホームランです」

 地元テレビ局の約43秒の沈黙という異例の計らいが、シアトルでのイチローの凱旋弾のドラマ性を一段と際立たせていた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング