野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • データが示す名手イチローの右翼守備 打撃と並び守備でも歴史的領域へ

データが示す名手イチローの右翼守備 打撃と並び守備でも歴史的領域へ

ゴールドグラブ10度のイチロー、守備の確実性でも傑出

 イチローは外野手として10回ゴールドグラブを受賞しているが、これは、クレメンテ、ウィリー・メイズの12回に次ぎ、アル・ケーライン、同僚だったケン・グリフィJr.、元楽天のアンドリュー・ジョーンズと並ぶ3位タイだ。

 また、2007年は中堅手として起用されたため、この年も右翼手として出場していれば、すでに2100試合に到達していたはずだ。

 イチローは右翼を守った回数が多いだけではなく、守備率でも傑出している。

【右翼守備率歴代5傑】
()内は実働年数

1.テリー・プール(15)     .9936
2.ニック・マーカキス(12)   .9935
3.デーブ・マルティネス(16)  .99153
4.イチロー(17)        .99148
5.ピート・ローズ(24)     .9914

 今季も現役としてプレーする中には、アトランタ・ブレーブスのニック・マーカキスという右翼守備の名手がいる。33歳の働き盛りだ。10歳上のイチローは彼にわずかに劣るが、史上4位の守備率を誇っている。

 長いペナントレース、レギュラーの外野手に故障が発生することもあるだろう。そういう時、イチローはハイレベルな外野守備でもチームに貢献できる。守備でも43歳とは思えない高いパフォーマンスを維持しているのだ。

【了】

広尾晃●文 text by Koh Hiroo

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」