野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 元阪神マートン、タイガースを解雇されていた 今季は3Aで打率.154と低迷

元阪神マートン、タイガースを解雇されていた 今季は3Aで打率.154と低迷

デトロイト・タイガース傘下3Aトレドでプレーしていた元阪神のマット・マートン外野手が、今月中旬に解雇されていたことが分かった。

今季タイガースとマイナー契約も…今月17日にリリース

 デトロイト・タイガース傘下3Aトレドでプレーしていた元阪神のマット・マートン外野手が、今月中旬に解雇されていたことが分かった。

 マートンは今季、タイガースとマイナー契約。しかし、開幕から7試合出場で26打数4安打の打率.154、2打点、0本塁打に終わり、今月17日にリリースされたと米CBSスポーツ電子版が伝えていた。好打者のジェームズ・ロニーと契約するための措置だったという。

 マートンは2010年に阪神に加入。1年目で日本記録(当時)となるシーズン214安打を放った。2014年には打率.338で首位打者に輝くなど、主力打者として活躍。2015年限りで退団して7年ぶりに米球界に復帰した。昨季はカブス傘下3Aで76試合出場、打率.314の好成績をマークしたが、分厚い選手層のカブスでメジャー昇格はならなかった。

 タイガースを解雇となった後は、ツイッターでのつぶやきなども止まっている。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中