野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ソフトBデスパイネは軽症、「5番・DH」で出場へ 工藤監督「ホッとした」

2日の西武戦(ヤフオクD)で右太もも裏を負傷したソフトバンクのアルフレド・デスパイネ外野手は、軽症で済んだようだ。右太もも裏を負傷して途中交代した助っ人砲だが、3日の西武戦前の練習に参加。フリー打撃でも柵越えを連発するなど、問題ないことをアピールした。

前日に右太もも裏を押さえて交代も…病院に行かずフリー打撃で柵越え連発

 2日の西武戦(ヤフオクD)で右太もも裏を負傷したソフトバンクのアルフレド・デスパイネ外野手は、軽症で済んだようだ。右太もも裏を負傷して途中交代した助っ人砲だが、3日の西武戦前の練習に参加。フリー打撃でも柵越えを連発するなど、問題ないことをアピールした。

 2日の試合、8回無死一、二塁で迎えた5打席目に右翼フェンス直撃の2点適時打を放った際に右太もも裏に異変が起きた。同箇所を押さえながら、歩くように何とか一塁に到達。そのまま代走が送られ、ベンチへと退いていた。チーム関係者によると、肉離れなどではなく、筋肉が一時的に固まったようになったとのことで、病院にも行かず、大事には至らなかった。

 ケージ裏からフリー打撃を見守った工藤公康監督は「みなさんも見ていただいた通り。ホッとしました。昨日は勝ったのに、勝った気がしなかったからね。良かったです。(試合の出場?)ホッとしたということは、そういうこと」と安堵の表情。通常通り「5番・DH」で出場する見通しだ。

【了】

福谷佑介●文 text by Yusuke Fukutani

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中