野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ホークス上林が勝ち越し適時打 2試合連続の5打点マークと大暴れ

ソフトバンクの上林誠知外野手が、また打った。3日の西武戦(ヤフオクD)。4回に逆転満塁弾を放った若武者が、6回にも適時打を放ち、チームのリードを広げた。

4回には5号満塁弾「自分が絶対打ってやろうと思いました」

 ソフトバンクの上林誠知外野手が、また打った。3日の西武戦(ヤフオクD)。4回に逆転満塁弾を放った若武者が、6回にも適時打を放ち、チームのリードを広げた。

 2死から中村晃、松田の連打で作った2死一、三塁のチャンス。前の打席で自身2本目の満塁弾となる5号グランドスラムを放っていた上林が打席へ。ここでは前の打席とは違う巧打で得点を生んだ。2ボール2ストライクからの5球目。高橋光の投じた真ん中低めのフォークを、体勢を崩されながらも、バットで拾う技ありのバッティング。中前へと運び、適時打とした。

「追い込まれていましたが、コンパクトに振り抜けてうまく反応出来た感じです。昨日は満塁で自分が三振してしまい、(甲斐)拓也さんがカバーしてくれた。今日は前の松田さんが三振してしまったので、自分が絶対打ってやろうと思いました」と2打席目の満塁弾にコメントした上林。ここまでの5得点全てを1人で稼ぐ5打点。前夜は3ランと2ランの1試合2本塁打で5打点をあげており、2試合で3本塁打10打点と荒稼ぎとなった。

【了】

福谷佑介●文 text by Yusuke Fukutani

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」