野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ソフトB工藤監督、2戦3発10打点の上林に惜しみない賛辞「素晴らしいと思う」

3日、ソフトバンクは上林誠知の逆転満塁本塁打と東浜巨の好投で西武に6-2で快勝。連勝を3に伸ばし、4位・西武とのゲーム差を2に広げた。

20170303_kudo

6回のタイムリーも「大きかった」、「打席の中でしっかり消化できている」

 3日、ソフトバンクは上林誠知の逆転満塁本塁打と東浜巨の好投で西武に6-2で快勝。連勝を3に伸ばし、4位・西武とのゲーム差を2に広げた。

 試合後の会見に現れた工藤公康監督は、逆転満塁弾の上林に惜しみない賛辞を贈った。

「バッターボックスで落ち着いて、自分でもいろいろ考えながら打席の中でしっかり消化できている。結果凡打にはなったけど、1打席目のフォークボールをヒット性にしたことで、相手はフォークでいったらヒットになる確率が高いと思ってインサイドのまっすぐ(を投げた)。そういうところをしっかり捉えられたのは素晴らしいと思う」

 また、5打点目となる6回のタイムリーにも「あの1点はチームにとって大きかった」と語る。

「ああいうところでしっかりついていけるようになったのは、本人の調子も少しずつ上がってきたということ。しつこさというか、追い込まれてからの落ちるボールに対する反応もできてきている。自信にしてほしい」

 2試合で3発10打点という上林の超人的な活躍で西武に連勝。これで3カード連続の勝ち越しも決まった。5月に入り、ようやく鷹の反撃が始まろうとしている。

【了】

藤浦一都●文 text by Kazuto Fujiura

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング