野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

楽天がオリックスとの接戦制す 首位攻防戦2連勝でガッチリ首位キープ

楽天は4日、本拠地でのオリックス戦を2-1で制し、首位攻防戦を2勝1敗で勝ち越した。

オリックス先発ディクソンは今季初黒星

 楽天は4日、本拠地でのオリックス戦を2-1で制し、首位攻防戦を2勝1敗で勝ち越した。

 今季2度目の先発に臨んだ古川は、2回に駿太にセンターへ三塁打を運ばれ、1点を先制される。だが、その後は粘投。5回に2死から2本の長短打と四球で満塁として降板したが、後を継いだ菅原が中島を二ゴロに仕留める好救援をした。

 打線は、オリックス先発ディクソンの前に6者連続凡退とされたが、1点を追う3回に1死二、三塁から茂木のレフト犠飛で同点とすると、5回には敵の失策をきっかけに1点を勝ち越した。

 6回以降は福山、森原、ハーマン、松井裕が盤石の無失点リレー。松井が12セーブ目を挙げ、2-1で競り勝った。

 オリックスは無傷の5勝目を狙うディクソンが6回4安打無四球2失点と好投したが、打線が援護できず。ディクソンは今季初黒星を喫した。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中