野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ソフトB、西武3タテで2位と0.5差 松田3号&デスパ6号、貯金は今季最多5に

ソフトバンクが3タテを決めた。4日の西武戦(ヤフオクD)。松田の3号2ランやデスパイネの6号2ランなど、中盤の集中攻撃で得点を積み重ねた。終盤に追い上げられたものの、辛くも逃げ切り、貯金は今季最多の5に。楽天に敗れた2位オリックスとの差を0.5ゲーム差に縮めた。

バンデンハークは5回3失点も2勝目、西武は借金生活に突入

 ソフトバンクが3タテを決めた。4日の西武戦(ヤフオクD)。松田の3号2ランやデスパイネの6号2ランなど、中盤の集中攻撃で得点を積み重ねた。終盤に追い上げられたものの、辛くも逃げ切り、貯金は今季最多の5に。楽天に敗れた2位オリックスとの差を0.5ゲーム差に縮めた。

 松田の一振りが、勝利の流れを呼び寄せた。2回に押し出しの四球で先制したが、4回にバンデンハークがメヒアに2ランを浴びて逆転を許す。その直後の攻撃だった。四球で出塁した中村晃を一塁に置いて打席に立った松田。西武先発の十亀が投じたスライダーを左中間ホームランテラス席へと運んだ。不振から抜け出しつつある男の3号2ランで再びリードを奪った。

 再び同点とされた直後の5回には打線が爆発。2死二塁から内川が右前への適時打を放って勝ち越しに成功。続くデスパイネが6号2ランを放ち、2点を追加した。さらに、中村晃に左前安打、松田には左中間への適時二塁打が飛び出て、この回一挙に4点を加えると、8回に2点を加えた。

 先発のバンデンハークは5回までに89球を要し、3失点で降板。7回に五十嵐、嘉弥真が無死満塁のピンチを招いたが、5番手・森が3点を返されながらも、何とかリードは死守。岩嵜、サファテが無失点リレーで凌ぎ、9-6で逃げ切った。バンデンハークは今季2勝目となった。

 西武は先発の十亀が大誤算。苦手としていた松田に2ランを含む2安打3打点を許すなど、5回途中7失点と炎上。打線はメヒアが通算100号本塁打を放つなど、6得点したものの、大量失点が最後まで響いた。西武は3連敗となり、直近の3カード9試合で1勝7敗1分け。急失速で、ついに借金生活に突入した。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング