野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

接戦制したソフトB、西武に3連勝 工藤監督「8回の2点が大きかった」

4日、ソフトバンクは西武との接戦をものにして9-6で勝利。今季3度目の同一カード3連勝を果たした。中盤から点の取り合いとなったが、1点差に迫られた後の8回、代打・明石健志の2点打で引き離して、そのまま勝利した。

20160424_kudo

完全復調した松田には「このままどんどんいってくれるでしょう」

 4日、ソフトバンクは西武との接戦をものにして9-6で勝利。今季3度目の同一カード3連勝を果たした。中盤から点の取り合いとなったが、1点差に迫られた後の8回、代打・明石健志の2点打で引き離して、そのまま勝利した。

 同点とされた直後の5回裏、内川聖一の勝ち越し打、デスパイネの2ラン、さらに松田宣浩のタイムリー二塁打で4点を挙げたソフトバンク。7回に1点差に迫られた後、8回には連続四球をきっかけに、代打・明石の2点打で試合を決めた。

「今日は(7回に)よく追いつかれずに、8回に引き離した。8回の2点は大きかったね。明石くんがよく打ってくれた。5回もたたみかける攻撃ができたが、ホームランの後、また(中村晃が)ヒットで出たことで相手にプレッシャーをかけることができた。いい攻撃だったと思う」

 最初の2試合は甲斐拓也、上林誠知といった下位打線の若鷹で勝利したが、この日は中軸がしっかりと結果を出してチームを勝利に導いた。「(活躍する選手が)日々変わってくればチーム状況も良くなってくる」と指揮官もご機嫌だ。本塁打、タイムリー二塁打、2つの四球と活躍を見せた松田については「このままどんどんいってほしいし、いってくれるでしょう」と太鼓判を押す。

 これで貯金は今季最多の5となり、2位オリックスとの差を0.5ゲームに縮めた。5日からは今季のお得意様であるロッテを相手にさらに加速したいところだ。

【了】

藤浦一都●文 text by Kazuto Fujiura

人気記事ランキング