野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 上原浩治
  • 快投の上原浩治、140キロ直球続けて空振り三振 3番打者は「ついていけず」

快投の上原浩治、140キロ直球続けて空振り三振 3番打者は「ついていけず」

カブスの上原浩治投手は4日(日本時間5日)、本拠地でのフィリーズ戦で延長13回に登板し、1回無安打1奪三振無失点の快投で今季初勝利を挙げた。わずか9球で3者凡退に抑えた熟練の投球に、地元メディアは「コウジがあっという間に抑えた」と脱帽している。

20170505_uehara6

わずか9球で今季初勝利、地元メディア脱帽「あっという間に抑えた」

 カブスの上原浩治投手は4日(日本時間5日)、本拠地でのフィリーズ戦で延長13回に登板し、1回無安打1奪三振無失点の快投で今季初勝利を挙げた。わずか9球で3者凡退に抑えた熟練の投球に、地元メディアは「コウジがあっという間に抑えた」と脱帽している。

 本拠地リグレー・フィールドにおなじみの登場曲「サンドストーム」が鳴り響く中、上原は延長13回に8番手でマウンドに登場。すると、地元テレビ局「WGN」の実況は今季の右腕の“不安要素”をデータで紹介した。

「これが今年コウジにとって3度目の連続登板です。最初の2試合では彼にとって良い結果は出ませんでした」

 上原はカブス移籍1年目の今季、4月15、16日のパイレーツ戦と、4月29、30日のレッドソックス戦で2日連続で登板。連投はこの2度だけだが、2試合目にいずれも1アウトも取れずに3失点(自責2)と打たれ、黒星を喫していた。

 この日は、3日(同4日)のフィリーズ戦で登板した翌日のマウンド。「3度目の正直」に注目が集まる中、上原は先頭のヘルナンデスをカウント2-2から直球でライトフライに打ち取った。

人気記事ランキング