野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日ハム、5月に入り無傷の5連勝! 開幕投手の有原が6登板目で今季初勝利

日本ハムは6日、敵地でのオリックス戦に5-2で勝利し、5月に入ってから無傷の5連勝とした。自身初の開幕投手を務めた先発の有原が、7回7安打2失点の粘投で今季6度目の登板で初勝利(4敗)。打線は矢野と中田のタイムリーで3点をもぎ取った。オリックスは4連敗となった。

矢野&中田&石井一がタイムリーで快勝、オリックスは4連敗

 日本ハムは6日、敵地でのオリックス戦に5-2で勝利し、5月に入ってから無傷の5連勝とした。自身初の開幕投手を務めた先発の有原が、7回7安打2失点の粘投で今季6度目の登板で初勝利(4敗)。打線は矢野と中田のタイムリーで3点をもぎ取った。オリックスは4連敗となった。

 有原は初回、2死から小谷野、T-岡田で連打を許すと、中島にはセンターへのタイムリーを浴びる。3連打で先制点を奪われた。

 しかし、日本ハム打線は3回、1死一、二塁の好機で、「3番・DH」でスタメンの矢野がオリックス先発コークから2点タイムリー。逆転に成功したが、有原はその裏に2死二塁で小谷野にレフトに運ばれ、同点に追いつかれた。

 それでも、5回、石井一がヒットと盗塁で2死二塁とすると、矢野は四球で一、二塁に。ここで中田がセンターへタイムリー。再び勝ち越しに成功した。

 有原は4回は3者凡退。5回は2死一、三塁とされるも、T-岡田を一直に打ち取った。6回は3者凡退に抑え、7回も続投。2死から武田にヒットを許すも、西野を遊ゴロに打ち取った。

 打線は8回、1死から市川がツーベースで出塁すると、石井一がタイムリー。さらに相手の暴投でもう1点を加え、貴重な2点を奪った。

 8回は石川、9回は増井が抑え、5-2で勝利。5月は無傷の5連勝とし、有原は今季6試合目で初の白星をつかんだ。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング