野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 阪神
  • 阪神、異例の長時間リプレー検証で判定覆りアウトも…直後に逆転、9点差ひっくり返す

阪神、異例の長時間リプレー検証で判定覆りアウトも…直後に逆転、9点差ひっくり返す

阪神が6日、本拠地での広島戦で9点差を逆転した。

20160319_阪神

江越の生還をめぐり長時間リプレー検証、直後に糸原が同点打&梅野が勝ち越し打

 阪神が6日、本拠地での広島戦で9点差を逆転した。

 5回までに9点を奪われる一方的な展開。しかし、5回に梅野のタイムリーで広島先発・岡田から1点を返すと、6回には怒涛の反撃。まずは糸井のニゴロで1点目。その後、鳥谷のタイムリーでこの回2点目を奪うと、糸原が四球で満塁として、暴投で3点目が入った。

 梅野が四球でなおも満塁。広島はここで岡田から中田に代えるも、原口は押し出しで4点差。さらに、高山は走者一掃のスリーベースでついに1点差とした。

 さらに、7回は江越、中谷の連打で一、二塁とすると、鳥谷はニゴロ。しかし、二塁・西川が弾き、江越が三塁を回って一気に本塁を狙った。こぼれたボールを遊撃・田中がバックホームしたが、三塁側にそれ、判定はヘッドスライディングした江越の左手が先にベースに触れているとしてセーフ。だが、微妙なタイミングで、ビデオ判定にもちこまれた。

 長時間のリプレー検証の末、判定はアウトに。1点差のまま1死一、二塁で試合再開となった。しかし、続く糸原がライトへタイムリー。ついに同点に追いついた。さらに、梅野は右中間を破る2点三塁打。11-9とついに試合をひっくり返した。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング