野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

DeNAが5点差返す逆転サヨナラ勝利 梶谷7号同点満塁弾&柴田が決勝打

DeNAは6日、本拠地でのヤクルト戦で5点差を返す劇的な逆転勝利を収めた。5点を追う8回に倉本のタイムリーと梶谷の7号満弾で同点に追いつくと、最後は柴田の決勝打でサヨナラ勝ちで3連勝とした。

DeNAベイスターズ

8回に5点を返して同点→延長11回に劇的サヨナラ勝ちで勝率5割

 DeNAは6日、本拠地でのヤクルト戦で5点差を返す劇的な逆転勝利を収めた。5点を追う8回に倉本のタイムリーと梶谷の7号満弾で同点に追いつくと、最後は柴田の決勝打でサヨナラ勝ちで3連勝とした。

 先発の2年目・今永は初回に山田の2試合連続4号2ランを浴び、2点先制されるが、その後は落ち着いた投球で6回を4安打2失点と粘投した。だが、7回のマウンドに上がった須田が、無死一、三塁から二塁野選の間に1点を失い、送りバントで1死二、三塁としたところで降板。バトンを受けた田中健が坂口に2点適時打を売るして5点リードに広げられた。

 打線は、ヤクルト先発・小川の前に沈黙。7回まで2安打零封とされたが、8回に目覚めた。敵失と四球で無死一、二塁の好機を作ると、代打エリアンは空振り三振に倒れたが、倉本がセンターへ適時打を運んで1点。続く桑原が四球で1死満塁とすると、梶谷がカウント1-1から3球目を右翼席に叩き込む7号同点満塁ホームランとした。

 試合は延長戦へ突入。11回裏、ヤクルトはマウンドに守護神・秋山を送ったが、DeNAは先頭高城がレフト前ヒットで出塁。石川が送りバントを決め、1死二塁とすると、柴田が値千金の二塁打をセンターへ運び、見事逆転サヨナラ勝ちを収めた。

 ヤクルトは山田が復活を予感させる4号2ランで先制したが空砲に終わった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング