野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

中日、巨人に大勝で連敗「6」でストップ ビシエド4打点&ゲレーロ3打点

中日は7日、本拠地での巨人戦に8-1で快勝し、連敗を「6」で止めた。先発ジョーダンが7回3安打無失点の好投で今季2勝目。打線はビシエドが4号ソロを含む4安打4打点、ゲレーロが5号3ランと両助っ人で7点を叩き出した。巨人は先発・内海が4回5失点でKO。救援陣も打ち込まれて大敗した。

先発ジョーダンは7回零封、巨人は内海がKOされ大敗

 中日は7日、本拠地での巨人戦に8-1で快勝し、連敗を「6」で止めた。先発ジョーダンが7回3安打無失点の好投で今季2勝目。打線はビシエドが4号ソロを含む4安打4打点、ゲレーロが5号3ランと両助っ人で7点を叩き出した。巨人は先発・内海が4回5失点でKO。救援陣も打ち込まれて大敗した。

 まずはゲレーロのバットが火を吹いた。2回、ビシエドのヒットなどで1死一、二塁として、ゲレーロが内海から3ラン。ジョーダンを早々に援護した。

 そして、4回にはビシエドの特大ソロで追加点。その後、木下拓のタイムリーツーベースも飛び出し、5点差とした。巨人は内海をこの回限りで諦めたが、中日打線は5回に2番篠原からビシエドのタイムリツーベースで1点を追加。6回には荒木、堂上、大島の3連打で2死満塁とし、ビシエドが2点タイムリー。4連打で点差を広げた。

 ジョーダンは3回まで3四球を出しながら無安打投球。4、5回も得点圏に走者を背負いながら無失点に抑えた。6、7回も得点を与えず、7回零封の好投。救援陣もリードを守り、8-1で快勝した。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング