野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

松田、上林、甲斐…好調のソフトバンクを支える驚異の“強力下位打線”

41得点。これは先週の1週間で福岡ソフトバンクが挙げた得点である。埼玉西武相手には3試合で29得点を挙げ、5月5日の千葉ロッテ戦では2点ビハインドの9回に2本塁打を放って逆転するなど自慢の強力打線が火を噴き始めた。

20170223_uebayashi

1週間で41得点の強力打線、下位打線で躍動するベテランと若手

 41得点。これは先週の1週間で福岡ソフトバンクが挙げた得点である。埼玉西武相手には3試合で29得点を挙げ、5月5日の千葉ロッテ戦では2点ビハインドの9回に2本塁打を放って逆転するなど自慢の強力打線が火を噴き始めた。

 一般的に下位打線といえば、上位打線に比べて「やや打撃が劣る」というイメージが強い。しかし、福岡ソフトバンクの下位打線で存在感を放っているのが、開幕から不調に苦しんだベテランと覚醒を期す若武者である。

 1人目は、松田宣浩内野手だ。WBCでの疲労もあってか3、4月を終えて打率.220と苦しんでいた松田だが、5月に入ると一変してその長打力をいかんなく発揮し始める。5月2日の埼玉西武戦、第1打席に安打を放つと5回には2試合連続となる2号2ラン。さらに3、4打席目にも安打を重ね4安打3打点の大暴れを見せた。

 翌日も2安打し迎えた3戦目は埼玉西武先発・十亀投手から本塁打を放つなど2打数2安打。3連戦で8安打6打点とし打率を.270まで上げた。本人は「パフォーマンスを“熱男”に変えたら調子が上がった」と語るだけに、この好調を維持し今季も多くの「熱男」パフォーマンスが見たいところだ。

人気記事ランキング