野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日ハム、5月は5連勝の後に2連敗 栗山監督「とにかく何とか前に進むように」

日本ハムは9日、本拠地での西武戦に2-7で完敗した。先発の高梨裕稔投手が5回9安打5失点と乱調。打線は中田の先制打、大野のソロ本塁打で立ち上がりに2点を先制したが、その後は西武投手陣の前に沈黙した。

20170402_kuriyama

「無理して出てもらった」近藤が負傷から復帰で3出塁も…

 日本ハムは9日、本拠地での西武戦に2-7で完敗した。先発の高梨裕稔投手が5回9安打5失点と乱調。打線は中田の先制打、大野のソロ本塁打で立ち上がりに2点を先制したが、その後は西武投手陣の前に沈黙した。

 5日のオリックス戦で右膝に死球を受けて2試合を欠場していた近藤が「3番・DH」で3試合ぶりに先発出場。3出塁と奮闘したが、5月は5連勝の後に2連敗となり、栗山英樹監督は「何とか前に進む」と話した。

――けがから復帰した近藤選手が1安打2四球と3度出塁し、初回には一塁から三塁へ激走した。

「無理して出てもらった。一生懸命やったと思います」

――岡選手の状態はどう映ったか。

「きょう試合ではあまり良くなかったですけど、状態は上がっている」

――先発の高梨投手、2回までは良かったように見えたが。

「結果がすべてなので。その中で何よりも前に進めることが大切」

――早い回から石川投手ら勝ちパターンの投手を投入した。

「ベンチにいるのはほとんど勝ちパターンの形なので」

――あすに向けて。

「とにかく何とか前に進むように、あしたも頑張ります」

【了】

石川加奈子●文 text by Kanako Ishikawa

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング