野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • ダルビッシュ有
  • 球数増加のダルビッシュ、周囲の懸念“一蹴”「肘を鍛えるにはちょうどいい」

球数増加のダルビッシュ、周囲の懸念“一蹴”「肘を鍛えるにはちょうどいい」

レンジャーズのダルビッシュ有投手が、最近3試合連続で球数110球を超える熱投を見せていることについて、周囲の心配を“一蹴”したと地元紙「スターテレグラム」が伝えている。

地元紙が特集、3戦連続110球超も好投続けるエース右腕の復活は「過去3試合に表れてる」

 レンジャーズのダルビッシュ有投手が、最近3試合連続で球数110球を超える熱投を見せていることについて、周囲の懸念を“一蹴”したと地元紙「スターテレグラム」が伝えている。

 ダルビッシュは今季7試合に登板。3勝1敗、防御率2.76の好成績を残している。4月23日(日本時間24日)のロイヤルズ戦は113球、29日(同30日)のエンゼルス戦は125球、5月5日(同6日)のマリナーズ戦は116球と、最近3試合は球数が110球超。エンゼルス戦の125球が昨年5月にトミー・ジョン手術から復帰後最多で、今季メジャー全体で最多タイの球数でもあった。

 最近3試合の登板を受けて、地元紙「ダラス・モーニング・ニュース」が「ユウ・ダルビッシュとレンジャーズは、エースの膨大な投球数を心配していないように思える、しかし彼らはすべきだろうか?」とのタイトルで特集するなど“懸念”する声も上がっていたが、この3試合は2勝無敗、計21イニングで14安打5失点、23奪三振9四球と上々の成績。疲労の影響は全く感じさせていない。

 今回、「スターテレグラム」は「レンジャーズのダルビッシュは投球数の増加に伴い、自信を得ている」との見出しで報じ、「もしダルビッシュに、彼がトミー・ジョン手術から時間が経過していることを納得させる更なる証拠が必要であるならば、それは過去3試合に表れている」と指摘。好投を続けていることを強調している。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中