野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

オリックスが同点に追いつく 武田がレフトへタイムリー

オリックスがすぐさま試合を振り出しに戻した。10日のソフトバンク戦。1点を先制された直後の3回に、同点に追いついた。

先制された直後に同点打

 オリックスがすぐさま試合を振り出しに戻した。10日のソフトバンク戦。1点を先制された直後の3回に、同点に追いついた。

 1死から安達が遊撃への内野安打で出塁。続く若月は三ゴロだったが、三塁の松田がスタートを切っていた走者を二塁で刺せずに野選。さらに二塁・明石の一塁への送球が悪送球となり、一、三塁へとピンチが広がった。続く武田は、1ボールからの2球目をランエンドヒット。打球は、二塁ベースカバーに入ろうとした今宮の逆を突いて、レフト前へと抜けていった。

 同点の適時打となり、約1か月ぶりの白星を目指す先発の松葉を援護した。

【了】

福谷佑介●文 text by Yusuke Fukutani

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」