野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

レンジャーズGM大谷視察の意味 ダルビッシュとW獲り可能性を地元紙考察

11日に鎌ケ谷にある日本ハム2軍施設を訪れ、怪我からの復帰を目指す大谷翔平投手に熱視線を送ったレンジャーズのジョン・ダニエルズGMとジョシュ・ボイドGM補佐。その翌日には帰国の途に就いたレンジャーズ首脳陣だが、その“大谷詣で”の事実は地元テキサスでも大々的に報じられた。地元紙「ダラス・モーニングニュース」電子版では、ダニエルズGMの訪日について「なぜ重要な展開と言えるのか」、その意味について考察している。

開幕に出遅れたレンジャーズ、今オフに向けた動きが早くも表面化

 11日に鎌ケ谷にある日本ハム2軍施設を訪れ、怪我からの復帰を目指す大谷翔平投手に熱視線を送ったレンジャーズのジョン・ダニエルズGMとジョシュ・ボイドGM補佐。その翌日には帰国の途に就いたレンジャーズ首脳陣だが、その“大谷詣で”の事実は地元テキサスでも大々的に報じられた。地元紙「ダラス・モーニングニュース」電子版では、ダニエルズGMの訪日について「なぜ重要な展開と言えるのか」、その意味について考察している。

 打ってよし投げてよしの大谷は、米国でも“二刀流”として認識され、早ければ今オフにもメジャー移籍を果たす“目玉”として注目されている。だが、3月の第4回WBCは右足首の怪我で出場辞退。さらに、開幕後には左太もも裏を負傷して、現在は2軍で調整を続けている。まだ2軍戦に出場していない大谷の視察は「表面上、変わって見える」が「一歩踏み込むと、納得ずくの行動」だという。

 5月12日現在、ア・リーグ西地区最下位に沈むレンジャーズは、このまま状況を好転させられなければ、7月には来季以降を見据えたチーム作りに方向転換する可能性が高い。また、今季限りでエース右腕ダルビッシュ有との契約も満了。ダルビッシュと契約延長するのが得策なのか、シーズン終了前にトレード放出するのが懸命なのか、今オフのフリーエージェント(FA)市場の動きも含め、あらゆる可能性を考慮しておかなければならない。そこで大きなカギを握るのが、大谷の存在だ。

 大谷は、早ければ今季終了後にもポスティング制度を利用して、メジャー移籍すると言われている。大谷本人と直接話はできないが、ダニエルズGM自ら日本へ足を運び、球団など“周辺”調査をすることで、大谷を取り巻く事情をより詳しく把握できる。レンジャーズの大谷獲得への本気度を明らかにする行動ではあるが、逆に他29球団に対して先手を打ったアピールにもなる。

人気記事ランキング