野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

広島、13安打11点で巨人に大勝! エルド2発4打点でセ10号一番乗り、岡田4勝目

広島が13日の本拠地巨人戦で11-2で勝利した。初回に打者9人の猛攻で巨人先発マイコラスから3点を奪うとそのままリードを守って勝利。2年目の岡田が7回5安打8奪三振2失点の力投で4勝目(1敗)を挙げた。マイコラスは6回5失点で2敗目(4勝)となった。

本拠地で巨人に大勝

 広島が13日の本拠地巨人戦で11-2で勝利した。初回に打者9人の猛攻で巨人先発マイコラスから3点を奪うとそのままリードを守って勝利。2年目の岡田が7回5安打8奪三振2失点の力投で4勝目(1敗)を挙げた。マイコラスは6回5失点で2敗目(4勝)となった。

 広島は初回、田中、菊池と連打で1死一、二塁と好機を作ると鈴木のセンターへのタイムリーで1点を先制。さらに松山が2死満塁から2点適時打を放ち、この回3点を奪った。

 3回にはエルドレッドの9号ソロで加点。4回、岡田が阿部に2ランを浴びて2点差に詰め寄られたが、6回には田中の犠飛などで2点を加えて再びリードを広げた。

 さらに8回には丸のタイムリー、安部の2点適時打とエルドレッドのセ・リーグ一番乗りとなる10号3ランで一挙6点を奪い、試合を決めた。

 岡田は4勝目、打線も13安打で11得点と投打がかみ合い、巨人に大勝した。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中