野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ソフトB工藤監督、寺原続投を決断も…満塁弾被弾に「走者置いての投球が課題」

14日、ソフトバンクは楽天に2-9で大敗した。先発・寺原隼人が、茂木栄五郎の満塁弾を含む2被弾で5失点。工藤公康監督は「走者を置いてからのピッチングが今後の課題になってくる」と厳しい顔で語った。

20170221_kudo

満塁ピンチでの被弾に厳しい表情、松本裕には「球速が出るようになってきた」と評価

 14日、ソフトバンクは楽天に2-9で大敗した。先発・寺原隼人が、茂木栄五郎の満塁弾を含む2被弾で5失点。工藤公康監督は「走者を置いてからのピッチングが今後の課題になってくる」と厳しい顔で語った。

 試合が決まったのは5回表だった。先頭の島内宏明がセンターへのツーベースで出塁。二塁でのクロスプレーについて、タッチにいった今宮健太がアウトをアピールするも判定はセーフ。工藤監督はベンチを飛び出してしばらく審判に抗議した。

「珍しく今宮くんがアピールしていたからね。(アピールは)選手から見ればアウトだったということ。審判の説明ではタッチした時にすでに足が(ベースに)ついていた、ということだった」

 このツーベースをきっかけに、寺原は無死満塁のピンチを背負う。左の茂木、ペゲーロを迎えるにあたっても、工藤監督は寺原に任せる決断をしたという。しかし、寺原は期待に応えられず、茂木に痛恨の満塁弾を浴びた。

「あそこがキーとなるイニングになるだろうとは思っていた。ああいうところのランナーを置いてからのピッチングが(寺原の)今後の課題になってくるだろうね」

 その後も投手陣が失点を重ね、終わってみれば9失点。昨年の初登板に続き、プロ2度目のマウンドとなった松本裕樹も1回2/3を2失点。それでも工藤監督は松本について「少しは球速が出るようになってきたし、あれが長いイニング続くようになれば楽しみ」と前向きに評価した。

【了】

藤浦一都●文 text by Kazuto Fujiura

人気記事ランキング