野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

オリックス伊藤が貴重な先制打も…直後に手痛いミス、金子も同点ソロ被弾

オリックスが貴重な先制点を挙げた。16日のソフトバンク戦(京セラD)。4回に伊藤に適時打が出て、待望の先制点を掴んだ。

ホークス松田が6号同点ソロ

 オリックスが貴重な先制点を挙げた。16日のソフトバンク戦(京セラD)。4回に伊藤に適時打が出て、待望の先制点を掴んだ。

 1死から小谷野が左前安打で出塁し、モレルが四球を選んで繋ぎ、一、二塁とすると、先発の金子千尋の女房役である伊藤が値千金の一打を放つ。ソフトバンク3番手の飯田から中前へと運ぶ先制の適時打。エースに先制点を援護した。

 だが、その後オリックスに手痛いミスが出た。なおも一、三塁で打席には大城。その初球、大城はバントの構えを見せ、バットを引いたが、三走のモレルが飛び出し憤死した。

 すると、その直後の5回、金子がソフトバンクの松田に左翼席へと運ばれる6号ソロを浴び、同点に追いつかれた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中