野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ソフトバンク上林が6回に同点打 千賀降板で踏ん張る投手陣援護

ソフトバンクが再び試合を振り出しに戻した。16日のオリックス戦(京セラD)。1点ビハインドとなった6回に、上林が同点の適時打を放った。

full-count18

千賀が初回に緊急降板

 ソフトバンクが再び試合を振り出しに戻した。16日のオリックス戦(京セラD)。1点ビハインドとなった6回に、上林が同点の適時打を放った。

 飛ぶ鳥を落とす勢いの活躍を見せる若鷹が、大きな仕事を果たした。1点を勝ち越された直後の6回だ。2死から中村晃が中前安打、松田が四球でつなぎ、打席には上林。オリックス先発の金子千尋が投じた2球目。外角へのチェンジアップをライトにはじき返すタイムリー二塁打を放った。

 ソフトバンクはこの日、先発の千賀が背中の違和感を訴え、わずか9球、初回2死を奪ったところで緊急降板。その後、石川、飯田とつなぎ、何とか2失点に凌いでおり、踏ん張る投手陣を打線が援護した。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング