野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

オリ連敗6で止め5割復帰、ドラ2黒木プロ初勝利 千賀緊急降板ソフトBは2連敗

オリックスが連敗を6で止めた。先発の金子千尋が7回まで2点に抑える好投を見せると、8回に待望の勝ち越し点をつかみ、勝率を5割に戻した。

オリックス

オリックス金子は7回2失点の力投

 オリックスが連敗を6で止めた。先発の金子千尋が7回まで2点に抑える好投を見せると、8回に待望の勝ち越し点をつかみ、勝率を5割に戻した。

 同点で迎えた8回だ。先頭のモレルが左翼線への二塁打で出塁すると、伊藤がきっちり犠打を決め、1死三塁。続く大城が2ボール1ストライクからの4球目、ソフトバンク6番手の森からセンターへの犠飛を放って、3度目の勝ち越しに成功した。

 先発の金子千尋は、1点リードでの5回に松田にソロ、再び1点リードとなった6回2死一、二塁では上林に右翼線への同点適時二塁打を浴びた。だが、それ以上の失点は許さず、リードは与えなかった。7回109球を投げ、7安打2失点。2番手のドラフト2位ルーキー黒木が8回の1イニングを無失点に封じ、プロ初勝利を手にした。

 ソフトバンクは先発の千賀が初回2死を奪ったところで、背中に違和感を訴えて、9球で緊急降板。その後、石川、飯田、五十嵐、嘉弥真とつないできたが、6番手の森が決勝点を奪われた。ソフトバンクは2連敗。首位・楽天との差は3.5ゲーム差に広がった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング