野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

阪神が4連勝で首位を堅守! 原口3号ソロ&高山が貴重な決勝二塁打

阪神は17日、本拠地での中日戦に2-1で勝利した。投げては能見が6回1/3を5安打1失点とすると、打っては原口が3号先制ソロ、8回には高山が勝ち越し二塁打を放ち、4連勝を飾った。

中日バルデスが8回2失点の好投も2敗目

 阪神は17日、本拠地での中日戦に2-1で勝利した。投げては能見が6回1/3を5安打1失点とすると、打っては原口が3号先制ソロ、8回には高山が勝ち越し二塁打を放ち、4連勝を飾った。

 序盤は能見とバルデスが投手戦を繰り広げた。マウンド上の能見は2回先頭ビシエドにレフトへ安打されたが、5回に再びビシエドにヒットを許すまで8者連続凡退。7回に京田、大島に2連打を許した後、ビシエドを見逃し三振に斬ったところで降板。後を受けた桑原が平田に適時打を許し、1点を失った。

 打線は、バルデスの前に4回まで無安打に抑えられた。5回も中谷が空振り三振、鳥谷が遊ゴロで2死とされたが、ここで原口が値千金のソロ弾を左翼席に運んだ。7回に同点に追いつかれたが、8回には2死二塁から途中出場の高山がセンターへ二塁打を放ち、1点勝ち越しに成功した。

 最後はドリスが2者を出塁させながらもセーブ成功。今季16セーブ目を挙げた。

 中日は、バルデスが8回を投げて3安打2死四球6奪三振で2失点(自責2)と好投したが、打線が援護できず。チームは3連敗となった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング