野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

38試合目で待望の一発 ロッテ新外国人パラデス第1号も拙守に言葉少な

ロッテの新外国人パラデスに今季38試合目でようやく初ホーマーが飛び出した。

20170502_paredes

3回に岡田の打球を後逸して三塁打とする

 ロッテの新外国人パラデスに今季38試合目でようやく初ホーマーが飛び出した。

 歴史的な低空飛行が続くチームにあって、一日も早い覚醒が期待されているパラデスだが、初回に井口の先制中前打に続いて、左翼へ2点目のタイムリー。さらに、遅ればせ過ぎたが、3-8の9回先頭で打席に立つと、西武のルーキー田村から140キロのツーシームを右翼席に運んだ。

「いいスイング、コンタクトを心掛けた。チームの勝利に貢献できるホームランを打ちたい」と、勝敗に関係ない一発に言葉少な。3回には左前に弾む岡田の打球に「ゲームの流れから(何とかしようと)アグレッシブに突っ込んでしまった」と後逸。結局、三塁打にしてしまい、先発スタンリッジの足を強烈に引っ張った。

「守りで貢献できないのは、ストレスを感じるが、自分のやれることをやるだけ」と話したが、守りのミスはバットでカバーするしかない。

【了】

細野能功●文 text by Yoshinori Hosono

人気記事ランキング