野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ダルビッシュは1試合1億超の価値あり!? 地元紙が来季以降の年俸を大胆予測

4月下旬から安定したピッチングを続ける右腕だが、地元紙「フォートワース・スターテレグラム」電子版では、このまま好投を続ければ先発1試合あたり90~100万ドル(約1億円~1億1000万円)の年俸価値に達する可能性を予想している。

交流戦の防御率2.17はカーショーを抑えてメジャー最高

 16日(日本時間17日)本拠地フィリーズ戦で7回1失点の好投を披露し、メジャー通算50勝を記録したレンジャーズのダルビッシュ有投手。5試合連続クオリティスタート(QS、6回以上を投げて自責3以下)で、今季4勝目をマーク。4月下旬から安定したピッチングを続ける右腕だが、地元紙「フォートワース・スターテレグラム」電子版では、このまま好投を続ければ先発1試合あたり90~100万ドル(約1億円~1億1000万円)の年俸価値に達する可能性を予想している。

 メジャー移籍後初めての対戦だったフィリーズ戦で、7回にこそ1点を失ったが、それまで圧倒的な投球で相手打線を封じた右腕。特に、交流戦では圧倒的な数字を残しており、防御率2.19は交流戦で12試合以上先発したメジャー投手の中では、ドジャースの左腕カーショーを抜いてトップに立つ。

 記事では「総合すると、ダルビッシュはカーショーには及ばない」としながら「それでもダルビッシュはエリートだ」と断言。「昨季は投げなかったチェンジアップ」を今季は解禁し、「得点圏に走者を置いた場面では、素晴らしい働きを見せている」と高評価している。今季はここまで9試合に投げて4勝2敗、防御率2.76をマーク。ダルビッシュが先発した試合で、チームは6勝3敗と大きく勝ち越している。

人気記事ランキング