野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • バット投げでまたも波紋、“懲りない男”に批判の声「最も嫌われている選手」

バット投げでまたも波紋、“懲りない男”に批判の声「最も嫌われている選手」

ブルージェイズのホセ・バティスタ外野手が17日(日本時間18日)の敵地ブレーブス戦で見せた“バットフリップ”が波紋を呼んでいる。

20170518_bautista

バティスタがまたも相手の怒りを買う行為

 ブルージェイズのホセ・バティスタ外野手が17日(日本時間18日)の敵地ブレーブス戦で見せた“バットフリップ”が波紋を呼んでいる。

 3-8と5点を追う8回1死走者なしでブルージェイズの3番打者はレフトスタンドに豪快なソロホームランをマーク。直後、バットを放り投げるパフォーマンスを見せ、これが相手チームの怒りを誘った。

 ダイヤモンドを周る途中で、一塁のピーターソンから批判の声を浴びると、ホームではカート・スズキ捕手に詰め寄られるなどあわや乱闘寸前に。これは米メディアも取り上げるなど現地で波紋を呼んだ。

 ドミニカ共和国出身の強打者は2015年のプレーオフ地区シリーズ、レンジャーズ戦の第5戦でも決勝3ランを放った直後に豪快にバットを放り投げ、大きな話題となった。遺恨を残した両軍は翌16年に大乱闘騒ぎを起こし、二塁へのスライディングでレンジャーズ・オドルの怒りを買ったバティスタも同選手に右ストレートを食らうなどしていた。

人気記事ランキング